Skip navigation

人生には何事も上手くいくような昇り調子の時期もあれば、何をやっても上手くいかない下り調子の時もあるものです。
昨年の私は下り調子が続く、とても苦しい一年を過ごしていました。
というのも、5年前に脱サラをして始めた個人事業が暗礁に乗り上げたため、私の生活は窮地に陥っていたのです。
そんな私でしたが、昨年の年末には事業の経営が回復しだし、少しずつですが暮らしぶりは楽になりました。
そこで、私が妻に二人目の子供をつくらないかと打診しました。
二人目の子を授かることで、人生は上向いていくはずだと私は思ったのです。
しかし、妻とベッドに入った私を新しい問題が待ち受けていました。
急激にEDの症状を感じた私は妻との夜の生活を楽しむことができず、とてもしらけた感じで朝を迎えることになったのでした。
EDの症状を抱えたままでは、二人目の子を設けることもできず、夫婦の関係もギクシャクしたままになってしまいます。
私は近所の病院に、EDの悩みを相談しに行きました。
病院の先生は、ED治療薬を服用すれば、一時的にEDの症状は改善できると教えてくれました。
しかし、病院で処方されているED治療薬は一錠で1,250円と高額です。
医師の先生がいうには、バイアグラ・ジェネリックが日本で発売したおかげでED治療薬は安く提供できるようになったのだそうですが、保険が適応されないために、どうしても1,250円を切る価格では提供できないということでした。
結局私はED治療薬を買うのを諦めて帰宅しました。
1,250円もする治療薬を買い続けるのは、経済的に無理だと判断したのです。
そんな私が素晴らしく安価なED治療薬の存在を知ることができたのは、病院に行った数日後のことでした。
その日は近所の自営業者が集まる定例の飲み会が開催されたのですが、その席で私は酔った勢いでEDの悩みについて語ってしまいました。
自営業者仲間の親分肌である男性が、私の愚痴を最後まで聞いてくれたのですが、その男性はバリフを使えば良いじゃないかと私に言います。
その男性がいうには、バリフというインド製のED治療薬なら新薬や日本製のジェネリックより遥かに安すく購入できて、しかも効果は抜群なのだそうです。
さらにその親分肌の男性は、インド製ED治療薬を購入できる個人輸入代行業者の名前まで教えてくれました。
私が帰宅後にインターネットでその個人輸入代行業者を検索したところ、確かにその業者は存在しており、バリフというED治療薬が販売されていました。
このED治療薬は、レビトラというドイツ製ED治療薬のジェネリックとしてインドのアジャンタファーマという製薬会社が製造しているもののようです。
価格も日本製ジェネリックの10分の1近い値段だったため、私はこのドイツ製ジェネリック版ED治療薬を購入することにしました。
妻が妊娠したのは、それから半年後のことです。
バリフのおかげで私は正常な夫婦生活を取り戻し、子供を授かることができたのです。
現在私は、新しい子供の誕生を待ちながら、個人事業の経営に精を出しています。