Skip navigation

バイアグラという薬を知らない人はいないと言ってもいいほど、世界中にその名を轟かせたED治療薬が日本で認可されたのは、20世紀の末でした。
まるでED治療薬の代名詞のように言われることもあるバイアグラですが、当時は認可を受けたとは言え、医療機関を受診した上で、処方箋を書いてもらわなければ手に入れることが出来ない薬だったのです。
しかも、EDは命に関わる病気ではないとされ、健康保険が適用されません。
したがって自由診療となり、バイアグラは10割負担の高額な薬だったのです。
しかし、今は違います。
バイアグラにもジェネリック品が出てきましたし、バイアグラとは違う成分のED治療薬も発売されるようになってきました。
以前よりもずっとリーズナブルな値段でED治療が出来るようになってきたのです。
そして更に、インターネットの普及に伴い、個人輸入も盛んに行われるようになってくると、日本では未認可の医薬品でも、自己責任において購入することができるようになったのです。
個人輸入なら価格は更に安く抑えられますから、人気が出るのも当然でしょう。
最近では個人輸入の代行サービスを行う業者も台頭してきており、通常の通販と変わらない気軽さで利用できるようになってきました。
個人輸入できるED治療薬の中で、最近人気を集めているのが、バリフという薬です。
これは、有効成分をバルデナフィルとするレビトラのジェネリック医薬品で、インドのムンバイに本社を置くアジャンタ・ファーマ製薬会社が製造しています。
ほかにも、心臓病や抗マラリア薬などをはじめとした、さまざまな医薬品を手がけている大手企業です。
バリフの人気の秘密はいくつかありますが、まず最初に挙げられるのは、その即効性でしょう。
バイアグラは、その効果が現れるまでに約30分を要しますが、バリフは服用してから15分から20分でOKと言われています。
また、食事やお酒の影響を受けにくいことも、選ばれる理由のひとつのようです。
デートに食事やお酒は付き物ですから、薬の服用を気にすることなく、パートナーとおいしい食事を楽しめることは、大きな魅力となるのは当然です。
ただし、あまり満腹になり過ぎると効果が薄くなる可能性があります。
軽めの物を腹八分目に抑えるようにしてください。
気になる効果の持続時間は、有効成分の含有量にもよりますが、5時間から10時間とされています。
これだけ時間的な余裕があれば、効果が切れるのではないかと焦ることはないでしょう。
また、ED治療薬を、媚薬のように捉えている方がおられますが、それは全くの誤解です。
バイアグラもバリフも、性欲を高めたり感じやすくしたりする薬ではありません。
あくまでも治療薬ですので、性的な興奮を得られなければ、全く反応はないのです。
更に、これらのED治療薬は、残念ながら対処療法に過ぎません。
つまり、服用していく過程でEDが治っていくということはないということです。
毎回必ず服用する必要があります。
だからこそ、リーズナブルな薬を選ぶ必要があると言えるでしょう。