Skip navigation

1990年代後半から現在にかけて爆発的に普及したインターネットは、世界中の人々の生活を一気に変えました。
とくにインターネットショップの登場は買い物のスタイルを大きく変え、外出しなくてもあらゆるものを購入できる時代へと世界を導いたのです。
さて、一般向けのショッピングサイトが大きく発展する一方で、地道に進化を遂げて来た業種があります。
それが、個人輸入代行業者という業種です。
個人輸入代行業者もまた、インターネットの普及に伴って徐々にメジャーな存在になって来ました。
かつては一部の愛好者が利用するものというニッチなイメージがあった個人輸入代行業者ですが、近年では見やすくて簡単に買い物の手続きができる業者が増えており、一般的な認知度もかなり上がっています。
とくに、医薬品を取り扱う個人輸入代行業者は、日本では手に入らない安価なジェネリック医薬品を簡単に入手できることから人気が高まっていて、医薬品購入方法の一つの手段として広く認知されつつあるのです。
そんな発展著しい個人輸入代行業者を介せば、さまざまなジャンルの医薬品を個人輸入して使用することができるのですが、ED治療薬は中でも人気が高い医薬品ジャンルとなっています。
日本では2014年に東和薬品からED治療薬のジェネリック板が発売されていますが、海外ではかなり以前からバイアグラやレビトラのジェネリック板が販売されていました。
とくにインド製のジェネリック板ED治療薬は、安価で新薬同様の効果を得られることから、世界中に愛好者がいるほど普及しています。
たとえばアジャンタファーマというインドの製薬メーカーが開発したバリフも、世界中の男性に愛用されているジェネリック板ED治療薬です。
この医薬品はレビトラというドイツのバイエル社の開発したED治療薬のジェネリック板であり、その効果をレビトラと同様としています。
バリフは即効性があるのが特徴で、服用から最短20分で効果を発揮します。
また、効き目が強く現れることから、薬の効果を実感しやすいのもこのED治療薬の特徴です。
このような性能の高いレビトラ・ジェネリックがインドで開発されている一方で、日本では未だにレビトラのジェネリック板は開発されていません。
実は、インドでは2005年に薬事法が改正されるまでは医薬品の成分特許を規定する法律がありませんでした。
このインド独自の事情により、インドの製薬メーカーはレビトラのジェネリック版を世界各国に先駆けて開発、販売することができたのです。
こうした事情を背景に世界中で使用されているバリフは、日本の個人輸入代行業者においても人気商品となっています。
この医薬品の人気の秘密は何といっても価格の安さです。
レビトラの処方を日本国内のクリニックで受けると、主成分10mgのもので1錠あたり1,500円かかります。
しかし、バリフなら主成分20mgのものを10錠入りで1,800円強で購入できます。
主成分20mgのものは半分にカットしても十分に効果を実感できるため、この価格で20錠分として使用可能です。
このバリフのように破格の安さのジェネリック医薬品を購入できるのが、個人輸入代行業者が支持される理由の一つとなっているのです。